Skip to content

お顔のたるみをとって美顔になる

美顔の条件のひとつにたるみのない頬があります。

もし頬がたるんでいるとどうしても老けて見えてしまい、若々しさが失われてしまいます。

おそらく実年齢よりも上に見えてしまうことでしょう。

頬のたるみを改善するためにはまず、顔の脂肪を減らすことと表情筋を鍛えることが重要です。

顔にある筋肉が衰えてしまうと、重力に負けてしまいどうしても頬が垂れ下がってきてしまいます。

表情筋をしっかりと鍛えておくならば、皮膚を上に引き上げてくれますので頬のたるみはもちろん顔のしわの解消にもつながっていくのです。

筋肉はどこでも日常からよく使っていると鍛えられて強くなります。

表情筋も同じです。

残念ながら多くの人は普段そこまで表情筋を使っていないため、だんだんと衰え弱くなってしまうのです。

表情筋を鍛えるのは難しいことではありません。

例えば食事の際によく噛むだけでも筋肉を使い、美顔に役立ちます。

また顔につく脂肪ですが、脂肪が顔だけにつくとは考えられませんし、顔の脂肪だけ落とすというのも難しいでしょう。

つまり顔に脂肪がつくということは全身にも脂肪がついていて、顔の脂肪を落とすためには全身の脂肪を落とさなくてはいけないということです。

普段から食事の内容に気をつけたり、体を動かしたりして健康に気をつけるなら、自然と顔の脂肪も減っていくでしょう。

Published inフェイシャル

Be First to Comment

コメントを残す