Skip to content

お肌ケアの大事なポイント

常日頃からしっかりと肌のケアをしている人でも、加齢や状況の変化で肌質が変わることなどで、肌の健康を損ねてしまうことがあります。

女性はたいてい肌の調子が良いと、それだけで嬉しくなってしまいますよね。

お肌のコンディションを改善し、普段から美しい肌であり続けるために、手を尽くしている女性は大勢います。

つるつるでしっとりした美しい肌を手に入れるためには、一体どうすれば良いのでしょうか。

毎日の入浴後や洗顔後のスキンケアにおいて、化粧水をたっぷりと肌に染み込ませると良いという話は聞いたことがあると思います。

皮膚には、外部の成分が体の中に入ってこないようにガードする膜としての性能があります。

毛穴から蒸発する水分が多くなりすぎて乾燥しないようにするのも肌の持つ役割です。

一旦肌にトラブルが起きると、皮膚は刺激に弱くなって、外部からの刺激が肌を脅かさないよう皮膚の表層はビニールでおおわれたようになります。

そういう状態になってしまうといくら化粧水をつけて肌に浸透させようとしても難しくなってしまいます。

逆に肌の状態がよければ皮膚の水分量には問題はなく、お肌が保持できる水分の量も大きな違いはありません。肌トラブルがある人はコットンを使わずに、手で化粧水をつける方法にするのがおすすめです。

手の平に化粧水を乗せて、そのまま顔を軽くパシパシ叩くようにつけるのです。

手の熱で化粧水が浸透しやすくなり、奥まで浸透してくれるでしょう。

毎日スキンケアをしているうちに、その日の肌の調子がわかるようになってきます。

日々スキンケアを続けていくことで、どうすれば自分の肌が喜んでくれるのか実感できるようになるといいます。

Published inスキンケア

Be First to Comment

コメントを残す