Skip to content

スッキリした顔を作る

若いころはフェイスラインもシャープでスッキリした印象だったのに、年と共に二重あごになったり頬がたるんだりしてきたと感じたことはないでしょうか?

顔には30種類以上の表情筋と呼ばれる筋肉があり、それらの筋肉が相互に作用して人の表情を作り出しています。

この表情筋は皮膚と骨に繋がっているために複雑で細かな表情を作り出すことができるのです。

しかしこの表情筋、日常では全体の約3割ほどしか使っていないといわれています。

特に無表情であまり表情筋を使わなかったり加齢などで自然とこの筋肉が衰えてきたりすると、この筋肉が緩んで下に下にと下がってしまいます。

すると今まで保っていた顔のハリなどが失われてしわやたるみになってしまうのです。

同じ年齢でも無表情の人が老けて見えるのはそのためです。

 

ではどうすればいつまでもハリのあるスッキリとした顔でいられるのでしょうか?

そうです、表情筋を鍛えていつまでも良い状態にしておけばいいのです。

筋肉はすべて動かすことで鍛えられ、良い状態を維持できます。

表情筋も同じです。

まず顔全体を縦に伸ばすようにギューッと力を入れてください。

目を見開いて口も縦方向に大きく開きます。

そのまま5秒程度キープします。

その後、梅干しを食べた時のように顔全体を中央に寄せるように力を入れて5秒ほどキープします。

次に今度は顔全体を横方向にイーっと広げるように伸ばしてください。

5秒ほどたったらまた顔をすぼめて中央に寄せるように5秒ほど力を入れます。

これの繰り返しです。

簡単なのでテレビを見ながらとかリラックスしたときに行うといいでしょう。

慣れて来たらキープする時間を少しずつ伸ばしたり、回数を増やしたりしていくといいでしょう。

 

老け顔にならないように普段あまり使わない表情筋を鍛えて、スッキリと美しい顔を取り戻しましょう。

 

Published inフェイシャル

Be First to Comment

コメントを残す