Skip to content

間違ったお肌のケアはトラブルの原因に

肌トラブルの原因となってしまうものには、様々な要因がありますが、事前に気をつけることで防げるものがほとんどです。

当然ですが、肌トラブルは回避したいものです。

肌トラブルに合わないためには、なによりその原因を突き止めることが大事です。

肌トラブルの要因としては、肌の水分不足(保湿力の低下)や、紫外線の影響があるとよく言われますが、その他に、間違ったスキンケアというものがあります。

お肌のために良かれとと思って行なっているスキンケアが、逆にお肌のトラブルを引き起こすということもありえます。

肌にいいと信じてずっと続けていたことが、実際は肌にはよくないことであり、肌トラブルの原因になっている可能性があるのです。

例えばスキンケア目的で、洗浄力が強すぎるクレンジング剤を使っていたところ、皮膚の表層にダメージが及んでしまったということがあります。

お肌の皮脂が極端に少なくなると、皮膚の防衛機能が働いて、皮膚表面に皮脂が過剰に分泌されるようになってしまいます。

お風呂でよく洗い、皮脂汚れをきっちりと落としたつもりでも、お風呂から出たあとしばらくすると、顔の皮膚がテカテカしてくることがあります。

これは、お肌の自己防衛機能が働いた結果です。

一度にたくさんの油脂が分泌されることで、雑菌も増えやすくなり、にきびや吹き出物の要因になります。

皮膚の状態をうまくコントロールするためには、洗顔後に化粧水と共に保湿クリームや乳液を使って、お肌の水分量を整え保湿力を高めることが大事になります。

お肌に負担のかからない洗顔をするためには、ゴシゴシ皮膚をこすらないことや、洗顔後洗顔料が残らないようによくすすぐことなど、いつくかのコツがあります。

皮膚の細胞は、常に古い細胞と、新しい細胞が入れ替わります。

皮膚の新陳代謝を促進するよう、スキンケアの正しい知識とやり方を覚えましょう。

Published inフェイシャル

Be First to Comment

コメントを残す